カテゴリ:✿お菓子( 33 )

山椒味?

a0277866_09555718.jpg

ポップコーンなのですが、お味が「京都!」ですね。
「京都かめよし」京都市北区小山西元町47(新町通北山下る一筋目)
京都最北端の広河原で農薬と化学肥料を一切使用しないで栽培した爆裂種とうもろこし。
京都フレーバーのポップコーンです。
フレーバーは、
京北産の完熟山椒
美山芦生のとち蜂蜜
京職人のこだわり和三盆
舞妓はんお墨付き黒蜜きな粉
京丹後夕日ヶ浦の塩

写真は山椒味ですが、山椒の香りがスッキリ抜けます。

新しい京都のお土産におひとついかがかな。







[PR]
by mituamikko109 | 2017-03-02 09:40 | ✿お菓子 | Comments(10)

さるやの申餅

下鴨神社の境内、糺の森の中に、宝泉堂さんの茶店「さるや」があります。
こちらは、申餅とおぜんざいが召し上がれます。

a0277866_18493063.jpg

申餅とまめ豆茶のセットです。
他に、ほうじ茶とのセットや、おぜんざいとお茶のセットなどもあります。

まめ豆茶は、神職が祭礼の期間中、禊ぎに飲んでいるそうです。
急須に煎った黒豆が入っていて、5分ほど待って、葵柄の湯飲みに飲みます。
飲み終わったら、黒豆を小皿に移して、添えつけのお塩をつけていただきます。
黒豆が香ばしくて、美味しかったです。
この黒豆は丹波産が使われています。
このセットは葵盆と呼ぶ折ぎの上に折敷と言う杉の皿に申餅を載せています。
さすが、神社でいただく雰囲気に、気持ちもシャキっとします。
a0277866_1954969.jpg


申餅の説明を抜粋すると
葵祭は旧暦四月の間ほぼ一ヶ月にわたり祭儀礼がおこなわれ平安朝の華やかな貴族文化を今に伝える賀茂の例祭です。
明治初年の法令制度化まで葵祭の申の日には小豆の茹で汁で搗いた御餅が神前に御供され、ほんのりと“はねずみ色”に輝くこの御餅のことを都人は「葵祭の申餅」と呼んで親しんでおりました。
“はねずみ色”とは、明け方の一瞬、空面が薄あかね色に染まる様子で命の生まれる瞬間を表すとされています。
食べることで身を清め、元気の気をいただき、無事息災に過ごせるようにとお祈りした故事にならい、下鴨神社の申餅を140年ぶりに復元しました。

2011年に境内に茶店がオープンしたので、復元されて5年は立ったのですね。
季節によってメニューも違い、夏場は、氷室のかき氷で、冷たいまめ豆茶やおぜんざいも。
[PR]
by mituamikko109 | 2016-12-06 19:42 | ✿お菓子 | Comments(4)

おやつ時間に~

a0277866_11125353.jpg

和久傳の西湖と希水
西湖は、もちもちですが、口当たりがとてもよくて、甘味もちょうど良いです。
希水は、初めて食べたけど、りんごの香りとは気付かなかったですが、こちらはつるんとしてます。
(和久傳HPより)
和三盆の甘みとれんこんのもちもちとした口当たりのれんこん菓子「西湖」と、
オオバコを原料にほのかに林檎の香りをつけたささのか菓子「希水」。
笹の香りもすがすがしくひんやり、つるんとしたやさしい口あたりです。

a0277866_11204235.jpg

おうすの里の京一輪
甘めの梅干のお菓子かな~お茶菓子にもなりますね。


a0277866_11282923.jpg

アップで撮ってみたかった^^
光の反射で、白っぽくなりましたが、水色も入っています。

a0277866_1129175.jpg

京の鈴ラムネ(岡本製菓)
ネーミングは、「昔ながらの京のらむねどすえ」
コロンとした2センチくらいの大きめの鈴ラムネです。
大きいのに、口に入れると、口溶けが良くて、スーとなくなり、美味しい~
[PR]
by mituamikko109 | 2016-05-05 12:03 | ✿お菓子 | Comments(10)

七夕のお徳チョコ

この日、ネットで注文したチョコが今日届きました。
a0277866_20554197.jpg

いくつか、食べましたが大人の味で、美味しい。
もう一箱は、お裾分けとしますかemoticon-0102-bigsmile.gif


秋田からの帰りに東京駅で、急遽買ったお土産の東京ばな奈
「東京ばな奈菜の花」で、バナナシェイク味。
a0277866_20565461.jpg

包装のビニールに菜の花プリントかなと思ったら、スポンジに菜の花が~~可愛い!
そのまま食べた時は、クリームが甘い!でしたが、冷やして食べると甘さが抑えられて食べやすくなりました。
今は、東京ばな奈ハートのメープルバナナ味もあるようですよ。
ハート模様が、可愛いです~
次は東京、いつ行けるかなぁ~お菓子をいっぱいリストアップしておかないと^^
[PR]
by mituamikko109 | 2015-07-15 21:16 | ✿お菓子

茶寮宝泉のわらび餅

ちょっと、お使いしてきました。
a0277866_18235587.jpg

下鴨の住宅街の中にある「宝泉堂
買った御菓子を待ってる間に、冷たいお茶に添えられた「都の月」をいただきました。


少し歩いた所にある茶寮宝泉
a0277866_17574095.jpg

入り口でまず目に付く苔も綺麗で、座敷から見える日本庭園も素晴らしかったです。

最初に季節の生菓子を5種類見せてもらえました。
水無月やあじさいの上菓子など、食べたい!と思ったけど・・・
暑かったし、冷やしぜんざいも小豆がとても美味しそうと迷うが、やはりここは、有名なわらび餅で。
注文してから作られるので、15分くらい待ったかな。
a0277866_199698.jpg

待ってる間に、冷たいお茶と添えられた御菓子を少しいただいて庭を眺めていました。
すっごく、落ち着く時間ですね~
お代わり用のお茶も、小さめのガラスポットに入れて、置いてくれました。


やってきた わらび餅。
a0277866_18165058.jpg

色が、濃かったけど、これは、わらび粉100%使いお砂糖も少し入っているので、ほんのり甘さもあります。
ぷるんぷるん~
お箸でしっかりつかんで食べられます。
添えられた黒蜜かけなくても十分美味しいけど、もったいないし、かけたら、美味しさアップしますね。
一度食べたい!と思ってたので、これで満足です。
こちらは、お座敷に座ってどの場所からでも、庭を眺められるようにテーブルがおかれているので、いいですよ。
ぎおん徳屋のわらび餅も、味わってみたいです~でも、いつもすごい行列なので、通り過ぎてしまいますが。
[PR]
by mituamikko109 | 2015-06-16 19:06 | ✿お菓子 | Comments(14)

おやつは、どんだけ?

新緑の季節は、寺院がとても美しくて写真を撮りに行きたいのだけど、カメラ持ってるのも重くて・・・
つい、おうちで食べるお菓子などをスマホで撮ってしまう。
つまらないネタだけど、「お菓子がいっぱい~」


a0277866_22154290.jpg

栃木県那須トラピスト修道院の「トラピストガレット」
幾世紀も前から、フランスで旅するとき必ず携帯したのが、このガレット。
素朴で、美味しいお菓子でした。




a0277866_22202837.jpg

とらやのミニ羊羹。
デパートに行った時、少しだけ食べたくてバラで買いました。
a0277866_22213624.jpg

箱入りの順番どおり、向かって左からはちみつ、紅茶、珈琲。
見た目は、濃いのが珈琲かなと思ったけど、意外と珈琲美味しかったです。
でも、やっぱり とらやの定番 「夜の梅」が、一番好きかな。




a0277866_22242610.jpg

ローソンに売ってた、フルーツミックス大福です。
a0277866_2226746.jpg

上手く切れなかったけど
イチゴ、みかん、バナナ、つぶ餡とミルクムースを求肥で包んであります。
え~~、ごちゃ混ぜだなぁ~と思ったけど、美味しかったです。
これは、もう一個軽く食べられそうです。






a0277866_22331687.jpg

これは、おやつか?
京漬物 野呂本店のわいんらっきょ
ほうじ茶と一緒に、ちょっと一口食べることも^^



お菓子がいっぱい~でしたemoticon-0102-bigsmile.gif
[PR]
by mituamikko109 | 2015-05-26 22:38 | ✿お菓子 | Comments(6)

食べ過ぎに注意だね。

本日二度目の更新アップです。

a0277866_17404359.jpg

6月は水無月。
京都では、6月30日夏越の祓いの日に、水無月を食べますが、
6月の和菓子屋さんの店頭には、どこでも美味しそうに並んでいます。
食べたくて仙太郎で、買ってきた。
a0277866_1741126.jpg

包装紙の裏には、
。。。その昔、冬の間に出来た氷を天然の氷室に枯れ草、雑木、わらなどで覆い夏まで保存していた。
旧暦六月、夏のあつい盛りに氷を掘り出し宮中へと運び夏の健康のため氷のひとかけらを食したという。
しかし、何といっても当時、夏の氷はあまりにも貴重品。庶民は、口にすることはおろか、目にすることもできなかった。
そこで、誕生したのが「みなづき」。氷の結晶に似せた三角のお菓子。
台は、ういろうで氷をあらわし、上には小豆を散らして魔よけの意とした。
六月三十日、夏越の祓いの神事にちなんで今なお京都の人が「みなづき」を食べるならわしは、このような歴史的背景がある。。。。。。。

「水無月」って、京都だけ??
ういろうも抹茶や黒糖もあるけど、やっぱり白が美味しいです。
京都の各和菓子屋さんの味も違うから、いろいろお試ししてみたい。
30日は、どこで、買ってこようかな。

他にもこんなん
[PR]
by mituamikko109 | 2014-06-21 20:57 | ✿お菓子 | Comments(8)

いちご大福

長野から来てた息子達が、帰る日に、流れ橋を見に行ってくると出かけてこんな和菓子を買ってきました。
a0277866_16263360.jpg

城陽市の与楽さんのいちご大福と、水無月、桜餅。
写真撮るというので、いちご大福を切ってみました。
長野では、いちご大福は白あんじゃなくて、こしあんらしい。
白あんだと、大福餅が真っ白で、うっすらイチゴの色も見えてきれいです。
こしあんのイチゴ大福は、見かけますが、やっぱり白あんでしょ!って思うので食べたことないですね。
もちろん、こしあんは好きだから一度、買ってみようかな~
いちご大福は、どっちがお好みかな?
[PR]
by mituamikko109 | 2014-05-24 16:46 | ✿お菓子 | Comments(12)

やっと、買えた紫野松風の福耳

a0277866_12215953.jpg

大徳寺の塔頭、入り口だけ表門からパチリ。
非公開で、入れないところも多いし、総見院は、ちょうど月釜だったのかな
瓢亭さんが、お料理を運んでいました。
月釜があるときは、「在釜(ざいふ)」って、書いたのを吊るしてあるんだね。
特別公開していた、「興臨院」にも、拝観してきました。

さすがに2時前でお昼食べなくっちゃ
大徳寺表門の前にある「カフェ ドゥ モン」へ。
黒米入り五穀米ごはんのランチセット
鶴を折り込んだお箸袋が、すごい。どうなってるん?
a0277866_1324259.jpg

a0277866_13244033.jpg

コーヒーカップの男女のイラストが、門に見えますね♪
こちらには、大徳寺納豆カヌレがあるんだけど、帰り際、お土産に買おうと思ったら売り切れてました~残念!

また雪が降ってきたので、慌ててバス停まで、行く途中、松屋藤兵衛さんのガラス戸を見ると
「うそ!あるやん!」
こちらの有名な大徳寺納豆入りの紫野松風の福耳が一袋だけ!!
福耳!松風の端っこの切れ端が一袋に10本以上は入ってました。
めったにお目にかかれなくて、大概売り切れてるのですが、幸運にも、ひとつあったの。
以前のブログでも書いてましたが、なかなか買えないんですね。
a0277866_13404798.jpg

さすがに、端っこだから、大徳寺納豆は、入っていませんでしたが、
白味噌が使われていて、甘くてモチモチして、美味しいです。
お茶だけじゃなくて、コーヒーや紅茶にも合います。
次に買えることは、あるかなぁ~
「福耳」って、ネーミングも、いいことがありそうな気がしますね♪
[PR]
by mituamikko109 | 2014-01-24 13:53 | ✿お菓子 | Comments(10)

メリークリスマス♪

今日はクリスマス。
家族も減り、シニア世代になると、クリスマスイベントも、遠くなってきました。
ここ数年は、毎日と変わらず普通ですね。
ただ、ケーキだけは、毎年食べたい日!になってます。
今年は、京都市内に出かけなかったので、地元の家庭的なケーキ屋さんです。
モンブランとフルーツたっぷりのケーキ
a0277866_17374662.jpg

年末の掃除で本箱を片付けてたら、出てきたのが「さむがりやのサンタ」
この本は、高校生の時に買ったので、もう40年くらい前。
高校の授業の課題で、この絵本を模写して1冊の本に仕上げた思い出の絵本。
すごく上手く仕上がったので記念に返してほしかったのに、学校に保管されてしまいました(T▽T)
ケーキの後ろに、足が見えますね^^
これが、今、ガチャガチャで流行ってるの?「コップのフチ子さん」
a0277866_17494650.jpg

こちらは、「微糖のフチ子さん」
ブレンディボトルコーヒー微糖についていました。
6種類のポーズのフチ子さんがあり、スカートから、おパンツも、見えるのよね~(^^;)
さすがに、使いようがないので、これっきりにします^^



パソコンが、動く間にもうひとつ続けてアップしますね。
こちらは、徳永さんからメリークリスマス!
[PR]
by mituamikko109 | 2013-12-25 18:00 | ✿お菓子 | Comments(2)